Blog

カナダ大麻成長フォーラム

カナダ議会は今週、大麻の使用や購入、栽培を合法化する法案を可決していた。国レベルでは、先進7カ国(G7)を含めて主要国の中で初解禁となる。 新法は、1世帯当たり4鉢までの大麻栽培や、成人1人当たり最大30グラムの大麻所持を認めた。 420 マリファナ・デー 2013 カナダ/バンクーバー特派員ブログ | … ちなみに、カナダでは医療目的以外でのマリファナの所持、使用は法律上違法となっているが、実際は見つかったとしても没収、罰金で済む場合がほとんどで、屋外の飲酒が禁止されているカナダではそれと同じくらいの感覚といっても過言ではないほど 米国とカナダを中心とした合法大麻市場(医療用&娯楽用):業 …

カナダのトルドー政権は13日、来年7月までに嗜好品としての大麻使用を合法化する法案を議会に提出したと発表した。一部修正される可能性もあるが、議会は与党自由党が多数を占めており、成立は確実と …

最近カナダで大麻が合法化されたことや一般市民の消費形態が急速に変化していることが、娯楽用大麻の使用の増加と相まってカナダにおいても大麻市場の成長を促進するのに貢献するでしょう。 マリファナ(乾燥大麻)をカナダが来年から合法化するみたい - … マリファナ(乾燥大麻)をカナダが来年から合法化するみたい、、、whoも禁止薬物から除外する動きも出ているらしい、、オランダは以前から合法、アメリカも3割の州で合法、、前々から酒、 タバコより害の少ないと カナダ・日本・韓国の高齢化等の状況と医療政策の在り方 カナダ、日本、韓国の3カ国の高齢化の推移と 見通しを見ると次の通りである。わが国が高度経 済成長期にあった1960年の高齢化率(カナダは 1961年)は、カナダが7.6%、日本が5.7%、韓国 は2.9%であり、国連が定義する「高齢化社会」(高

ニューヨーク州政府、大麻プロジェクトへの約8億円超の投資拡 …

カナダ先住民による海洋資源利用と管理: カナダ西部極北地 … カナダ先住民による海洋資源利用と管理: カナダ西部極北地域のイヌビアロウイットと ブリティッシュ・コロンビア州先住民族のケースから 岩崎まさみ (北海学園大学) (1)はじめに 来春からマリファナ解禁のカナダ、合法化せざるを得なかった怖 …

2019年3月21日 昨年10月、カナダが嗜好品としての大麻の使用を合法化したことが話題になった。2013年に南米ウルグアイがブラックマーケットの解体を目的に初めて大麻を合法 現地大麻関連産業は「グリーンラッシュ」と呼ばれる急成長にわいている。

米国とカナダを中心とした合法大麻市場(医療用&娯楽用):業 … 最近カナダで大麻が合法化されたことや一般市民の消費形態が急速に変化していることが、娯楽用大麻の使用の増加と相まってカナダにおいても大麻市場の成長を促進するのに貢献するでしょう。 マリファナ(乾燥大麻)をカナダが来年から合法化するみたい - …